大銀杏の豊受神社で初詣/浦安市猫実

IMGP6144

初詣に浦安三社の一つ、豊受神社に行ってみました。

豊受神社は1157年(保元2年)の創建と言われ、祭神は豊受姫大神。
この地に初めて部落が形成された頃からあることになっていますが、度重なる大津波の被害によりその由緒についてはあまりよくわかっていないそうです。
元々はすぐ近くにある花蔵院付属の神社で、花蔵院の創建と同時かそれ以後にできたと推測されます。神仏分離令が公布されるまでは、花蔵院の住職が代々別当を勤めており、明治初年までは神明宮社と呼ばれていたといいます。
(参考:浦安町誌 上)

ここの見所は樹齢400年と言われる大銀杏ですね。とても立派です。

IMGP6140

「昔は豊受神社から東は海で、その付近は境川の河口であったという。
あるとき、河口に小さなイチョウの木が流れてきたのを、村の人が拾いあげて豊受神社の境内に植えた。その後イチョウの木は順調に生長し、数百年を経た今日、神社の前庭にあって枝葉が繁茂し、亭々として天を圧している。」(引用:浦安町誌 上)

境内には、富士山に見立てた大きな岩の富士塚もあります。

 

IMGP6123

IMGP6111

リラックマのおみくじはちょっと…ご利益あるんですかね。

IMGP6133

IMGP6109

おみくじは末吉でした。

今年も健康でいられますように…

豊受神社(とようけじんじゃ)
 創建:1157年(保元2年)
 祭神:豊受姫大神

■地図■

※マークをクリックすると拡大
Web Services by Yahoo! JAPAN

■スポンサード リンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA